top of page

脊柱管狭窄症~『HAGURUMA』吹田千里山のパーソナルトレーニングジムより~

更新日:5月23日

脊柱管狭窄症は、脊柱管と呼ばれる背骨の中にある管が狭くなる状態を指します。脊柱管は、脊髄や神経根と呼ばれる神経の束が通っている重要な通路です。

脊柱管狭窄症は、通常、脊柱の老化や変性が原因で起こります。椎間板の変性やヘルニアによって、脊柱管が狭くなることがあります。また、骨の異常成長や脊柱の変形、腫瘍の存在なども脊柱管狭窄症の原因となる場合があります。

脊柱管狭窄症の主な症状には、脊髄や神経根への圧迫による痛みやしびれ、筋力低下、歩行困難などがあります。これらの症状は、狭窄の場所と程度によって異なる場合があります。

診断は、症状や身体検査、MRIやCTスキャンなどを用いて行われます。治療法には、痛みの管理や物理療法、手術的な治療(脊柱管拡張術や脊椎固定術など)があります。治療法は、患者の症状や病態に応じて選択されます。

脊柱管狭窄症は、一般的に年齢とともに進行する傾向があります。早期の診断と適切な治療は、症状の進行を遅らせることができます。ただし、個々の症状や治療法は個人によって異なるため、医師との相談が必要です。


脊柱管狭窄症のある人にとって、以下のような動作は避けるべきです:

  1. 重い物の持ち上げや運搬: 脊柱に過度の負荷をかけることがあります。重い物を持ち上げる場合は、正しい姿勢を保ち、脊柱に負荷のかかる状況を避けるようにしましょう。

  2. 長時間の一定の姿勢: 長時間同じ姿勢を続けることは脊柱に負担をかけます。長時間の座り仕事や立ち仕事をする場合は、定期的な休憩や姿勢の変更を取り入れることが重要です。

  3. 過度な身体活動や激しい運動: 高負荷の身体活動や激しい運動は脊柱に負担をかけることがあります。脊柱にストレスのかかるスポーツや運動は避け、低負荷のエクササイズや適度な運動を選ぶようにしましょう。

  4. 頭を極端に上下に動かす動作: 頭を極端に上下に動かすことで脊柱に負担がかかります。ヘッドバンキングのような激しい頭の動きや、急速な首の回転を避けるようにしましょう。

  5. 長時間の車の運転: 長時間の車の運転は脊柱に負担をかけることがあります。運転中には適度に休憩を取り、姿勢を変えることが大切です。

むやみに筋トレで治そうとするのではなく安全を確保されたトレーニングで痛みを緩和していきましょう!


👇👇👇

pt.teishima@gmail.com


ホームページ


👇👇👇


TrainingRoomHAGURUMA


効果が出せるパーソナルトレーニングジム


健康寿命を延ばして楽しく、美しく、充実した日常を!​



#千里山パーソナルトレーニング


#senriyama


#personal


#駅近


#姿勢改善


#リハビリ


#ダイエット


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

膝関節は、太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)をつなぐヒンジ関節です。 人体で最大かつ最も複雑な関節の 1 つであり、体重を支え、歩く、走る、跳ぶ、曲げるなどのさまざまな動きを可能にします。 膝関節に作用する筋肉には、大腿四頭筋、ハムストリングス、およびふくらはぎの筋肉が含まれます。 これらの筋肉は連携して膝関節を動かし、安定性とサポートを提供します。 この関節は複雑な構造で、靭帯の断裂、軟骨の

昨日で仕事納めとなりました。 セッションを受講していただいた皆様、一年間本当にありがとうございました。 来年も自ら学び続け、皆様により高品質なセッションを実施できるよう精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。 今年は本当にきつい寒さとなっておりますので、体調を崩しませんようお過ごしください。 どうぞ良いお年をお迎えくださいね😊 お問い合わせはこちらです!!!(^^)! 👇👇

bottom of page