top of page

骨~HAGURUMA・千里山から駅近(徒歩3分)のパーソナルトレーニングジムより~

更新日:2021年5月30日


緊急事態宣言が続く中、運動不足になりがちだと思います。

筋力、心肺機能の低下、体脂肪の増加等さまざまな不安があるかと思います。

ただそれだけではありません。

このような時期が続いていくと骨への刺激が与えられず骨密度の低下という状態。そして運動に復帰した途端に骨折などの怪我という事も珍しくはありませんよね。


勿論、カルシウムやビタミンDを摂取しないと!と栄養に気遣う事も大切ですが、骨が強度を保つためには運動で刺激を与えて骨代謝が十分に行われるようにしましょう。

だからといってやみくもに足を叩いて骨に刺激を?ではありません。

骨の横からの刺激ではなく、長軸に対しての刺激を与えるようにしましょう。

どのような運動?

ウォーキング、スクワットのような立位で行う運動がお勧めです!

更には立位での姿勢の歪みから上手く体重が乗らない事もあります。

その場合は早めに「姿勢改善」を行いましょう。

どうすればよいか分からない方は、当ホームページのCONTACTから承っております。

👇👇👇


ホームページ

👇👇👇


#姿勢改善

#股関節

#骨盤

#背骨

#千里山

#駅近




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脊柱管狭窄症~『HAGURUMA』吹田千里山のパーソナルトレーニングジムより~

脊柱管狭窄症は、脊柱管と呼ばれる背骨の中にある管が狭くなる状態を指します。脊柱管は、脊髄や神経根と呼ばれる神経の束が通っている重要な通路です。 脊柱管狭窄症は、通常、脊柱の老化や変性が原因で起こります。椎間板の変性やヘルニアによって、脊柱管が狭くなることがあります。また、骨の異常成長や脊柱の変形、腫瘍の存在なども脊柱管狭窄症の原因となる場合があります。 脊柱管狭窄症の主な症状には、脊髄や神経根への

膝関節~『HAGURUMA』吹田千里山のパーソナルトレーニングジムより~

膝関節は、太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)をつなぐヒンジ関節です。 人体で最大かつ最も複雑な関節の 1 つであり、体重を支え、歩く、走る、跳ぶ、曲げるなどのさまざまな動きを可能にします。 膝関節に作用する筋肉には、大腿四頭筋、ハムストリングス、およびふくらはぎの筋肉が含まれます。 これらの筋肉は連携して膝関節を動かし、安定性とサポートを提供します。 この関節は複雑な構造で、靭帯の断裂、軟骨の

bottom of page